教育の問題。いつも先生と生徒だけの問題にしてないかな。

教室にちょっと目を向けてみませんか。そこには、一人ひとり違った個性が機を並べています。同じ學年だからといって一括りに考えていては、広がる學力格差をはじめとする教育現場の問題にこたえられないから。それぞれの生徒に向き合った學習指導を、學校だけでなく家庭で過ごす時間にも広げることが大事だと思うのです。トッパンは教材づくりに関わってきたノウハウを生かし、生徒に合わせたデジタル學習コンテンツとともに、家庭でも學校と同じように學べる仕組みを提供していきます。

[ICT教育支援事業]

個人の習熟度に合わせた教材を配信して、苦手の克服を。我が子の學校での學習狀況を確認しながら、親が家庭學習のペースづくりを支えられるシステムを。それは教育の現場を可視化して、より多くの大人が參加できるようにする印刷テクノロジー。東京書籍をグループにもつトッパンだから、できることがあります。「勉強しなさい!と言うよりも効果的なソリューションを、親や先生に屆けたいのです。」擔當者は語りました。

[受賞歴]

學校でも、家庭でも。一人ひとりの學習環境を見守る印刷テクノロジーのカタチ。

▲図1 「ICT教育支援事業」の概念

「學校での學習の実施」→「學習進捗に応じた教材の提供」→「家庭に持ち帰った教材による自主學習」→「家庭學習の進捗のフィードバック」までの學びのPDCAサイクルを學校と家庭で共有し(図2)一人ひとりの個性や個人差を踏まえ、児童?生徒一人ひとりに適切な學習環境を提供し、學校と家庭とで見守ろうという取り組みです。トッパンでは、既に取り組んでいる「ICT校務支援事業」「學びゲット!」「こども未來クラブ」に、この「ICT教育支援事業」を新たに加え、學びの現場の課題解決のお役に立っていきます(図3)。

トッパンのICTを利用したマーケティングソリューションや、東京書籍の教材開発のノウハウが生かされる「ICT教育支援事業」。トッパンは、原點である「印刷技術」をベースに、「マーケティング力」、「IT力」、「クリエイティブ力」の知識とノウハウを蓄積してきました。情報コミュニケーションの向こうには必ず人がいます。児童?生徒と先生方が使いやすい教育支援システムを提供したい。時間や場所を越えたコミュニケーションで、學校と家庭、ひいては社會をつなぎたい。「印刷テクノロジー」の、ひとつのかたちです。

▲図2 學びのPDCAサイクル
▲図3 トッパンの教育事業領域

いま、學びの場は激変しています。子供たちは、価値観の多様化、グローバル化、ICT化などにともない、基礎學習のみならず応用學習や総合學習、コミュニケーションスキルの向上、外國語習得など、多岐にわたる學習に取り組み、それらを後押しするハード面でのICT化の整備も検討されています。

トッパンはいま、ICT(Information and Communication Technology)の分野で學習支援システムの利活用に向けた活動を展開してきた経験と、グループ企業である東京書籍が長年培ってきた教材開発力とを連攜させ、児童?生徒一人ひとりの學習を支援する新しいLMS(Learning Management System)の開発に取り組んでいます。この取り組みは、ICTを用いて學校と家庭をつなげる教育支援事業として、児童?生徒一人ひとりの學習狀況が、學校と家庭の境を越えて橫斷的に行き來するイメージ。學校での學習進捗と家庭での學習履歴を同じ仕組みの中で「見える化」し、一人ひとりに最適な教材の提供や指導の支援を行うというものです(図1)。

最先端の印刷テクノロジーを駆使して
「學びの場」を支援するさまざまなサービスを提供しています。

  • 教育事業で100年以上の
    実績を持つ東京書籍
    高校向け學習者用デジタル教科書

    東京書籍は、「教育と文化を通じて人づくり」の企業理念のもと、100年以上にわたって日本の教育と文化を支えてきたトッパングループの企業です。教科書、指導用教材、學習教材の編集?発行などの教育事業とともに、一般書籍の発行や日本語検定関連業務など、文化事業も展開しています。教育現場でのデジタル化?ネットワーク化が大きく進む現在、いち早くデジタル教材の開発や教育情報サイトの構築などに取り組んできた実績をもとに、教育現場を幅広く支援しています。今後も、質の高い教育用コンテンツや學習支援サービスの提供を目指していきます。

  • トッパン校務支援システム
    >トッパン校務支援システムの流れ

    トッパンは、本格化する教育現場の情報化を支援する 「トッパン校務支援システム」を構築。自治體への導入?運用をスタートしました。このシステムは、教職員が日々入力した情報が行事黒板ポータルや帳票などに自動反映され、スムーズな情報共有と転記回數の縮減などの業務負荷軽減を実現します。また児童?生徒の成長記録を蓄積することにより、過去にさかのぼって情報を把握できるようになり、より子ども一人ひとりにあった指導が可能になります。今後も、各教育現場のニーズに応じた情報化支援サービスの提供を目指していきます。

  • 學びの場を企業がサポート
    「學びゲット!」「こども未來クラブ」
    「學びゲット!」TOP畫面「こども未來クラブ」授業風景

    トッパンは、各企業との協業により教育現場の支援を行っています。株式會社學研ホールディングス様と共同開発した「學びゲット!」は、各スポンサー企業にまつわるクイズを學校の単元に沿った形で出題。楽しみながら學ぶことで子ども達の自発的な學習を促し、學びの習慣を定著させます。「こども未來クラブ」は、トッパンと東京學蕓大學/NPO法人東京學蕓大こども未來研究所との連攜により開発したサービス。學校現場と企業の教育支援活動を橋渡しし、授業?教材開発等、総合的に支援をしています。

※本文中の敬稱は省略しています。
※本文中の商號および製品?サービス名稱は、各社の商標または登録商標です。