2人に1人が塾の時代…。これは、行っていない子どもの話です。

小學校3、4年生までの勉強でつまずくと、子どもはその後の學習意欲を持てなくなるという。塾か通信教育か自宅學習か、子どもたちが勉強のつまずきをどのように乗り越えるかは環境に大きく左右されるもの。そして、諦めずに最後までやり抜く経験をしたかどうかが、將來の學歴やキャリアにまで影響しかねない…。トッパンが開発するのは、子どもたちの自信を育み、努力する力を養う學習サポートシステム。學校と家庭をICTでつなぎ、自ら目標を立て苦手に取り組む児童を応援していきます。

[やる気の扉を開ける學習応援システム やるKey]

タブレットを家に持ち帰り、ドリルを解くと、習熟度別の教材が配信される。児童の頑張りを先生が把握し、個別の勵ましに活かしていく。こうした學習指導の研究を今春、茨城県古河市、東京都福生市で開始します。大切なのは、勉強に苦手意識を持つ前にわかる喜びを體験し、人生を生き抜くための努力する力を養うこと。「全ての子どもに、勉強を好きになる権利があるのです。」擔當者は語りました。

[受賞歴]

努力する力を育み、日本を支える人財の育成を支援する。印刷テクノロジーのかたちです。

▲図1 學習応援システム「やるKey」の概念
▲図2 利用イメージ

これからの社會を生きていく子ども達に「未來を創る力」を身に付けてもらいたい。トッパンはこれまでに、いつでもどこでも勉強ができ、一人ひとりが最適に學べる環境づくりの支援を行ってきました。そして、21世紀にふさわしい學びの場の実現を目指し、2013年からICT(Information and Communication Technology)を利用した教育支援システムを開発?提供。現在、ますます教育のICT化が進む中で、今一度ICT化により児童?生徒、先生にどのようなメリットを提供できるか検証し、その可能性を広げていくことが次の課題となっています。

こうした流れを受けて、トッパンではこれからの世の中を生き抜くための基礎となる「努力する力」を磨く、新たな取り組みを始めました。それが、新しい學習応援システム「やるKey」です(図1)。「やるKey」は、タブレットと電子教材を用い、児童?生徒一人ひとりの理解度に合わせて課題を提供する「レコメンド」機能、児童?生徒が今取り組んでいる問題に対して、自分の目標を予め設定しておく「目標管理」機能を備えています。さらに、解答の正誤だけでなく、取り組んだ問題數や學習時間などの結果を全てデータベースに蓄積し、グラフや図表で可視化することで、先生はより適切な指導を行うことができます(図2)。

トッパンは、茨城県古河市、東京都福生市にて小學校での実証研究を開始します。慶応義塾大學の教育経済學を専門とする中室準教授も、成長実感や達成感を通じて努力する力を育むことは大切であると指摘しています。幼少期に得たその力は、長期にわたって持続するような効果があり、その後の人生においても、成功する源になりうる力なのです。(「學力の経済學」ディスカヴァー?トゥエンティワンより)

「努力する力」の芽を見つけ、それを育む。これは、児童?生徒や先生のみならず、保護者、學校、ひいては市民の教育の質を高めたい地方自治體、未來の日本にとって、大きな意義があると考えます。トッパンは、原點である「印刷技術」をベースに、「マーケティング力」、「IT力」、「クリエイティブ力」の知識とノウハウを蓄積してきました。情報コミュニケーションの向こうには必ず人がいます。児童?生徒と先生の絆をより深くし、笑顔で學べる教育支援システムを提供したい。「印刷テクノロジー」の、ひとつのかたちです。

最先端の印刷テクノロジーを駆使して
「學びの場」を支援するさまざまなサービスを提供しています。

  • 東京書籍
    「小學校デジタル教科書」
    「小學校デジタル教科書」畫面

    東京書籍が提供する平成27年度版小學校デジタル教科書は學習の目的や場面に即した多彩なコンテンツで構成されています。360度パノラマ寫真や全國の先生がアップロードした資料の共有ができる指導者用デジタル教科書、拡大時の自動改行、書體と行間の変更、文字色と背景色の変更、音聲による読み上げ機能が付いたEPUB3※學習者用データ、児童の思考をサポートするマルチOS対応のタブレット端末向け學習者用デジタル教材。今後も、新しい學びを実現するために最適かつ世界最先端のデジタル教科書を提供していきます。

  • 校務支援システム
    「マナレコ」
    「マナレコ」 行事黒板ポータル畫面「マナレコ」時間割畫面

    トッパンは校務支援システム「マナレコ」の提供を行っています。當システムは自治體および學校経営視點からの業務平準化や児童?生徒に関する情報連攜の実現を目指した設計となっており、學校のさまざまな場面で先生の細やかな指導をサポートします。また特別支援學級の個別情報管理や時間割変更機能の充実など、従來対応が難しかった機能も搭載し、より深い學校現場のニーズにお応えできるようになりました。今後もトッパンは【教育に活かせる仕組み】を目指して更なるサービス開発を進めていきます。

  • 無料學習サービス
    「學びゲット!」のサービス提供開始
    「學びゲット!」くらすタウン畫面「學びゲット!」ケンタッキーフライドチキン企業クイズ

    學研パブリッシングと凸版印刷は、小學校低學年向けに、誰でも無料で學べる新しい學習サービス「學びゲット!」を共同で開発し、2015年3月から本格的なサービス提供を開始しました。「學びゲット!」はインターネットを通じた無料學習サービスで、パソコンやタブレットで、學校の単元に沿った學習や協賛企業のサービスにまつわるクイズにチャレンジすることができます。協賛企業はこのサービスを、子どもやその保護者に対してのブランディングやセールスプロモーションツールとして活用することができます。
    (2015年4月末時點で6社が參加中)

※本文中の敬稱は省略しています。
※本文中の商號および製品?サービス名稱は、各社の商標または登録商標です。