平成27年4月23日現在

1. 基本方針

當社は、創業100周年にあたる2000年に、21世紀のあるべき姿として「TOPPAN VISION 21」を策定いたしました。なかでも「企業理念」は、當社の企業活動の根幹を形づくる基本的な価値観を示すものであり、當社のあらゆる活動は、この「企業理念」にもとづいて実施しなければなりません。そのためには、すべての事業活動を自ら監視?統制する仕組みを構築し、経営環境の変化に対応した取り組みを継続的に実施することが重要です。

そこで、當社は以下のとおり當社および子會社の業務執行に関する體制および監査に関する體制を當社取締役會において決定し、この體制にもとづく活動を通じて「企業理念」の実現をはかってまいります。

2. 業務執行に関する體制

(1)當社および子會社の取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための體制

當社は、監査役會設置會社とし、取締役會の監督機能と監査役の監査機能を通じて、取締役の業務執行の適法性を確保いたします。 取締役會は、法令、定款および「取締役會規則」に従ってこれを運営し、取締役は取締役會の決議にもとづいて職務を執行することにより、適法性を確保いたします。

また、監査役は、法令、定款および「監査役會規則」にもとづき監査を行うものとします。

當社は、子會社の取締役については、「関係會社管理規程」にもとづき職務の執行狀況を把握し、適法性を確保いたします。

加えて、當社は、事業部門から獨立した內部監査部門として経営監査室を設置し、定期的に當社および子會社の取締役の職務執行狀況を監査し、その結果を當社および子會社の代表取締役、擔當取締役ならびに監査役に隨時報告します。

(2)取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する體制

當社は、取締役の職務執行に係る文書?記録について、當該情報の主管部門が「トッパングループ情報セキュリティ基本方針」および「情報セキュリティ管理規程」にもとづき、適切に保存?管理いたします。

取締役および監査役は、必要に応じてこれらの情報を閲覧することができるものとします。

(3)子會社の取締役の職務の執行に係る事項の報告に関する體制

當社は、子會社の事業運営の獨立性と自立性を尊重しつつ、子會社の取締役の職務執行の適正を確保するため、「関係會社管理規程」にもとづき、管理項目ごとに報告等の手続き方法を定め、報告を受けることとします。

(4)當社および子會社の損失の危険に関する規程その他の體制

當社は、「危機管理規程」にもとづき、年1回、グループ全體の危機管理を要するリスクの洗い出しと対応計畫を策定し、適正に管理してまいります。その上で、危機管理を要するリスクごとに本社主管部門を定め、當該部門の擔當取締役が個別リスクについての予防、回避、是正措置を講じる責任者となる、主管部門別危機管理體制を構築いたします。各擔當取締役は、主管する事業上のリスクを適切に把握するとともに、そのリスクにもとづく重大な損失の危険の発生を未然に防止するための措置を當社および子會社に対して講じます。また、個別リスクに対応したマニュアルやガイドラインを作成し、教育等を通じてグループ全體でその周知徹底をはかってまいります。

萬一、その損失の危険が経営に重大な影響を與えると判斷される場合は、社長または副社長を責任者とし、監査役および弁護士等の社外有識者を加えた緊急対策本部をすみやかに招集し、事態の収拾をはかるものとします。

さらに、社會の秩序や安全に脅威を與える反社會的勢力および団體とは、一切の関係を遮斷するとともに、本社法務本部を主管部門として弁護士や警察等の外部専門機関とも連攜し、毅然とした姿勢で組織的に対応するものとします。

(5)當社および子會社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための體制

當社は、定例の取締役會を毎月1回開催し、取締役會決議事項の決定ならびに各取締役の職務執行狀況の監督等を行うとともに、経営の合理化?効率化をはかるため、代表取締役社長が指名した取締役を構成員とする経営會議を、原則として毎月2回開催いたします。

また、目標管理を徹底し経営効率の向上をはかるため、當社および子會社の取締役から定期的な業績報告を受け、進捗の把握に努め、グループ全體の経営施策の実効性を高めてまいります。

(6)當社および子會社の従業員の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための體制

當社は、コンプライアンス基本規程として「トッパングループ行動指針」を定め、この周知徹底をはかることで従業員の職務執行の適法性を確保いたします。そのために、當社の本社法務本部內にコンプライアンス部を設置し、子會社の法務部門等と連攜し、グループ全體の法令遵守と企業倫理の確立をはかってまいります。さらに、各職場における行動指針の浸透をはかるため、當社および子會社で行動指針推進リーダー制度を導入し、各職場での浸透活動を展開いたします。

また、內部監査部門である経営監査室にて、定期的に各事業部および子會社における業務執行狀況を監査し、その結果を當社および子會社の代表取締役、擔當取締役ならびに監査役に隨時報告します。

さらに、法令違反の早期発見と迅速かつ適切な対応を行うため、「內部通報規程」に従い「トッパングループ?ヘルプライン」を設置いたします。

(7)その他當社および子會社から成る企業集団における業務の適正を確保するための體制

當社は、関係會社社長會を定期的に開催し、情報の共有化をはかるとともに、グループとしてのコンプライアンス體制の整備と経営の効率化に努めてまいります。

また、當社および子會社による部門別會議を定期的に開催し、情報の共有化を図り、適正かつ効率的な業務遂行に努めます。

さらに、當社は方針説明會等により、グループ會社の経営方針および事業の狀況について定期的な検討を行い、適正かつ効率的なグループ経営を実施いたします。

3.監査に関する體制

(1)監査役がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における當該従業員に関する事項

當社は、監査役が十分機能するよう、その運営実務を遂行するための補助機関として監査役室を設置し、監査役を補助する者として監査役スタッフを常置いたします。

(2)監査役の職務を補助すべき従業員の取締役からの獨立性に関する事項

監査役を補助する監査役スタッフは専任とし、取締役からの指揮命令に屬さないものとします。

また、監査役スタッフの人事処遇にあたっては、監査役會の意見を尊重いたします。

(3)監査役を補助すべき従業員に対する指示の実効性の確保に関する事項

當社は、監査役監査基準を策定し、監査役は、監査役スタッフの人事異動、人事評価、懲戒処分等に対して同意権を有しております。

また、當該基準に従い、監査役スタッフは、監査役からの指示にもとづき、社內の各種重要な會議に出席し、情報の把握に努め、また、監査役の指示にもとづき、業務執行部門に対して報告を求めることができるものとします。

(4)取締役および従業員が監査役に報告をするための體制その他の監査役への報告に関する體制

監査役會は、代表取締役と定期的に會合を持ち、経営課題、監査役監査の環境整備の狀況、監査上の重要課題等について意見交換を行なうとともに、法令の定める事項のほか代表取締役との協議により定めた報告すべき事項について、取締役から報告を受けるものとします。

また、監査役會は、いつでも取締役および従業員に対して事業の報告を求めることができるものとします。さらに、常任監査役は「トッパングループ?ヘルプライン」により、従業員から直接內部通報を受けるものとします。

(5)子會社の役員および従業員から報告を受けた者が監査役に報告をするための體制

監査役會は、主要子會社の監査役をメンバーとしたトッパングループ監査役會を定期的に開催し、各社の監査役と情報を交換し、情報共有をはかっています。また、必要に応じて子會社の取締役および従業員から直接報告を求めることができるものとします。

さらに、監査役會は、関係會社管理規程に則り、各子會社から報告を受けた當社取締役および従業員からも報告を求めることができるものとします。

加えて、當社の內部監査部門である経営監査室は、各子會社を監査した結果を、監査役に定期的に報告するものとします。

常任監査役は、「トッパングループ?ヘルプライン」により、子會社役員、従業員等から直接內部通報を受けるものとします。

(6)監査役への報告をした者が當該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための體制

當社では、內部通報規程を策定し、トッパングループの役員、従業員等が、トッパングループ?ヘルプラインを通じて內部通報を行い、その通報が客観的な合理的根拠にもとづき誠意あるものであると判斷した場合、當該通報を理由として通報者に対する不利益な取扱いを行わず、かつ當該通報行為に対する報復行為や差別行為から通報者を保護するものとします。

(7)監査役の職務の執行について生ずる費用または償還の手続その他の當該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

監査役會は、職務の遂行上必要と認める費用について、予め予算を計上できるものとします。また、緊急または臨時に支出した費用については、事後的に會社に請求できるものとします。

(8)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための體制

監査役は、監査のために必要となる會議に出席し、経営の適法性や効率性について監督するものとします。

さらに、監査役は、會計監査人や內部監査部門と定期的な會合をもつなど、緊密な連攜をはかるものとします。

また、必要に応じて、弁護士等その他外部の専門家の意見を聞き情報交換を行うなど、連攜をはかることができるものとします。

以上