會社の支配に関する基本方針の內容

當社取締役會は、當社株式の大規模買付けがなされた場合にこれを受け入れるかどうかは、最終的には株主の皆さまの判斷に委ねられるべきものであると考えております。

一方で、大規模買付行為の中には、株主の皆さまが適切に判斷を行うために必要な情報が十分に提供されない場合や、その目的などからみて、企業価値?株主共同の利益を著しく毀損するおそれがある場合も想定されます。

當社は、當社株式の大規模買付けを行おうとする者に対しては、株主の皆さまが適切な判斷を行うために必要かつ十分な提供を求め、併せて、取締役會の意見等を表明?開示し、株主の皆さまの検討のための時間の確保に努める等、金融商品取引法、會社法、その他関係法令の許容する範囲內において、適切な措置を講じることといたします。

なお、取締役會の意見等の表明?開示にあたっては、その內容の客観性?透明性を確保するため、獨立性が擔保された社外取締役?社外監査役で構成する特別委員會を設置し、取締役會として意見を諮問するとともに、取締役會は本委員會の答申內容を最大限尊重するものといたします。

以上